マンションを管理する会社を運営するコツとは

現代社会において、マンションなどの集合住宅を管理する会社の重要性は高まりつつあります。多様化する犯罪リスクや、住民同士のトラブルの仲裁など、近年の集合住宅を取り巻く環境は変化を続けています。そんな変化に柔軟に対応し、マンションの住民などからの信頼を得ることが成功の秘訣と言えるでしょう。ただ、そうした信頼を得るためには、そこの住民が特にどのようなサービスを求めているのかという事をきちんと把握したうえで、欲しいサービスを提供する必要があります。管理業務においては、大きく分けて2つの業務内容があり、自分の会社はどちらの業務を中心に行っていくのかという方向性を定めておかなければなりません。そしてその得意業務のサービスを求めている所に積極的に売り込みをかけるという事が大切になります。

集合住宅の根幹ともいえる建物の保守などに関する業務とは

まず1つ目は、建物の保守や点検などに関した業務です。共用部の定期清掃や巡回、建物の設備機器の保守や点検などがこれに当たります。ある意味、集合住宅などの生活の根幹ともいえる業務です。さらに、この業務の中には大規模修繕工事などの提案や実施についての内容も含まれるので、単純な保守に関しての技術力だけでなく、どの程度で修繕が必要なのかという判断をする能力も問われます。このような業務が強い管理会社を必要としているのは、比較的築年数が長い所が多い傾向にあります。建物自体に不安がある場合はこのような内容を重視する傾向にあるため、そういったマンションなどに営業を多くかけると効果的と言えるでしょう。また、空室の管理なども保守業務の1つになるため、収益物件に利用されているような所もターゲットになり得ます。

入居者のケアなどに関する業務の内容とは

もう1つの業務内容が、入居者のケアなどに関する業務です。入居者の募集や審査や、家賃回収業務、入居者同士のトラブルの仲裁などがこれに当たります。こうした業務は人間同士が密にかかわりあう仕事内容が多いため、建築物や設備に関しての知識よりも、人間関係を円滑に出来るようなノウハウや、住宅に関する法律の知識などを持ち合わせる必要があります。このような点に強い会社を求めているマンションは、効率的な経営を行いたいという所が多い傾向にあります。こうした物件は、賃料などをきっちりと回収できるか、トラブルなどを円満に抑えて悪評が出ないように出来るかなどという事が求められます。また、退室の際の入居者や室内などのケアに関しての業務も求められているので、そうした知識を持っているとなお良いでしょう。